2006年05月22日

爆風

5月20日(土)
午後から爆風が吹いた。10〜13M ブローで15Mぐらいか?
マークを少し長くしてラウンディングと混戦の練習をしていたが
一年生の船が沈。
何度起こしても、反対側に振られ沈を繰り返すので、
上級生を海に飛び込ませ
メインセールをおろして、船を起こし曳航する。
ところが、
今度は曳航用ロープがレスキュー船のスクリューに絡み、
もぐってはずそうとするもうまく行かず、
そのまま、エンジンをかけ、
ゆっくり回すとうまく外れた!

蒲郡から豊橋近くまで流され頭はパニック状態で、
アンカーを引きずったまま走ってしまう。

とにかくどうにかこうにか帰ってきたものの
もう私も若くないと痛感した。

風が強くなると、帰るべきか練習を続けるべきか判断に
苦しむ。
強くなるには、セールが破れようとも、マストが折れようとも
経験を積ませなければならない。
しかし、船自体を壊したり、もちろん学生を危険にさらせたり、
することはできない。
この判断基準が問題だ。

posted by mark470 at 14:09| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。